ヤマハ(プレスト)YZF-R6 BN6 2017が納車されて送られてきたもの&現状装着したもの | アーカイブ

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YSPの方に代引き手数料等のお話しされましたが、結果的には合計3,280円で入手する事が可能でした。YSPによっては金額が変わるかもしれません。

いつもの通り車番要求部品でしたので、そこは注意です。

パーツ
部品名称部品番号価格(2017/08/20現在)利用個数/車番要求有無
プレスト新ライセンスブラケット3,280円1/有

コミュニケーションコントロールユニット / YZF-R1M カーボンシングルシートカウル

CCUユニット&R1Mカーボンテールカウル

こちらの詳細は別途記事にしていますので、此方をご確認ください。

ヤマハ (プレスト) YZF-R6 2017 BN6にコミュニケーションコントロールユニット(CCU)装着、その他についてなど

MIYAMA製 ウインカーポジションユニット3

ウインカーポジションユニット3

まだ装着していませんが、ウインカーポジションを実現するキットになります。

US仕様に憧れています!!!という訳では全くありません(笑)

父親が利用しており、お勧めされた&仙台市の企業だったので通販時の受け取りが楽で選びました。

YZF-R1 / R6双方、ほぼ同一のLEDヘッドライトを搭載しています。光量は全く問題ない(車検の認可も通っている事ですし)のですが、光源自体が小さいことにより夜間や薄暗い日中などの対向車からの視認性がとても悪く、YZF-R6を乗っている現状で2回ほど交差点で車が出てきてしまう事を経験しています。

防御の為にもこれを和らげるためにウインカーポジションを利用しようと思っています。

このウインカーポジションキットは基本US風(笑)にする為のドレスアップパーツなのですが、色々と機能が満載で、光量の設定や機能自体をOFFにすることも可能です。

車検については微妙な気がしないでもないですね。OFFに出来るし、防御のために装着しているウインカーポジションについてとやかく言う警察官の方も居ないように思いますので、あまり気にしてないです。

ウインカーポジションユニット3 | MIYAMA

まとめ

YZF-R6 BN6 / DMC-LX100

現状まだ純正ベースでやりたい事がありますが、現状の状態を記載してみました。

参考になれば幸いです。

シェアする